​公開シンポジウム「平成30年間に日本は何をしたのか」堺屋 太一

6月29日、第1回社員総会の後、15:00から堺屋太一先生による「平成の30年間に日本は何をしたのか」の講演をおこないました。昭和から平成になって、何が変わったのか10の事項をとりあげ、戦後官僚の成し遂げたこと5つ取りが上げられました。明治維新から77年間を一度目の日本とし、戦後71年間を二度目の日本とし、2025年は三度目の日本が始まると説いています。堺屋先生の訓示を受けて、とにかく「楽しい日本をつくること」、遊びも仕事もみんなが楽しめるような社風、お国柄にしていきたいと思います(会員向け議事録レジュメ)。

 

Society for Asia Pacific Affairs

Tachibanaya build 2F, 3-5-2,

Kanda Ogawamchi, Chiyoda-ku, Tokyo

101-0052  Japan [MAP]

Phone:03-3526-2250 

FAX:03-3526-2674

E-Mail:info@society-apa.com

​Regular holiday:Saturday, Sunday

  • Facebook
  • Instagram