​公開シンポジウム「一帯一路と世界発展の趨勢」 賈晋京

11月23日、15:00から賈晋京(中国人民大学重陽金融研究院院務委員、マクロ経済研究所主任)による「一帯一路と世界発展の趨勢」の講演をおこないました。賈氏は世界がリーマンショック前の2007年に戻れないとし、それぞれの国にとって四つの問題に直面している情勢から消費を促す世界的な市場経済をつくる必要があると主張しました。行き詰る欧米の分析、世界のマクロ経済情勢を図解入りで示し、「一帯一路」構想が世界経済の発展に寄与することを示唆していました(議事録)。

IMG_5412-min.jpg
IMG_5416-min.jpg