top of page

2月21日周二

|

千代田区

第18回SAPAシンポジウム・金融問題勉強会

日本政府は今後5年間で防衛費を現行計画から1.6倍の43兆円に拡大すると閣議決定しました。その背景には何があるのか、堂下哲郎氏をお迎えし日本の安全保障について語っていただきます。同氏は海上自衛隊護衛艦に勤務した後、内閣危機管理室、米中央軍司令部にも出向された経験があります。我が国の重要な指針を示していただけることを期待します。

第18回SAPAシンポジウム・金融問題勉強会
第18回SAPAシンポジウム・金融問題勉強会

時間和地點

2023年2月21日 15:00 – 16:30

千代田区, 日本、〒101-8459 東京都千代田区神田錦町3丁目28

賓客

關於本活動

日時:2月21日(火)15:00より

場所:学士会館302号室

講師:堂下 哲郎  日本生命保険相互会社顧問

テーマ:「強大化する中国と日本の安全保障 ー中国とどう向き合うか」

参加費:会場参加(飲料込み)SAPA会員2,000円、一般の方3,000円

    Zoom参加の方 1,000円

会場定員:30名(Zoomは定員なし)

堂下 哲郎 略歴:

1982年防衛大学校卒業。護衛艦はるゆき艦長、第8護衛隊司令、護衛艦隊司令部幕僚長、第3護衛隊群司令等として海上勤務。陸上勤務として内閣危機管理室出向、米中央軍司令部先任連絡官、海幕運用2班長、統幕防衛課長、幹部候補生学校長、防衛監察本部監察官、自衛艦隊司令部幕僚長、舞鶴地方総監、横須賀地方総監等を経て2016年退官(海将)。米ジョージタウン大学公共政策論修士。現在、日本生命保険相互会社顧問。(どうした てつろう)

門票

  • 会場参加

    当日受付でお支払いください

    從 JP¥2,000 到 JP¥3,000
    銷售已完結
    • JP¥2,000
    • JP¥3,000
  • Zoom参加

    JP¥1,000
    銷售已完結

總計

JP¥0

分享此活動

bottom of page